PGSホームの法令遵守の姿勢と理念として持つ信頼

信頼関係を築くということは、長い時間をかけて信用してもらっていくことを意味します。この関係は簡単なものではなく、意思疎通を図りながら進めていくことになるでしょう。PGSホームでは、経営理念として掲げていることではありますが、信頼を得るということは非常に難しいことです。1983年に創業して以来、さまざまな局面で努力してきたからこそ信頼も得られるようになり、規模も大きくなってきました。それでも、たゆまぬ努力を続けているからこそ、PGSホームは信頼される企業となったといえます。

PGSホームのコンプライアンスとしても掲げられていますが、基本となる企業理念です。細かなところまで気を配り、信頼関係を築くために誠実に対処しているのがPGSホームの特徴となっています。特にクレームに対しては、即時対応することに努めているからこそ、実になってきているといえるでしょう。クレームというものは、すべてゼロにすることはできません。努力をして減らしていくことはできますが、どうしても齟齬が出てしまう部分もあるからです。そんな時でも、PGSホームは迅速で誠実に対応していくということが、現在の信頼につながっているといえます。

法令遵守ということでも、PGSホームは公正な取引をおこなっている企業です。社会の一員であるということを強く意識しており、特定商取引法等に記載されている消費者関連法規は、しっかりと守っています。さらに高いレベルにするため、同意書や確認書といったことも独自の方法を作り出しているといえるでしょう。高齢者の方々に対する問題は、リフォーム業界に関わる大きな問題ともなっているため、PGSホームは安全で安心してもらえるように努力を続けています。

大事なことですが、不正競争の禁止ということもはっきりと打ち出しているところが大きいでしょう。他社の秘密を不正に得たり使用したりすることもありません。お客様に関しても、信用を損なったりするような営業は一切おこなっていない企業です。無理にリフォームを勧めたりすることもありませんし、強引な営業を掛けたりするような方法も取っていません。信頼関係を築くためには、こうした営業はマイナスにしかならないからです。第三者の特許も尊重しますし、著作権などの知的財産に関しても守っています。

高い技術を持っているからこそ、PGSホームでは品質保持のための管理を徹底している企業です。細かく小さなことでも徹底した管理をしているため、ハイレベルな品質と完成を見ることができるといえるでしょう。