社員との関係も健全にしてきたPGSホームの姿勢

企業としての姿勢を見るということは、仕事を依頼する場合や評価する場合にも重要な要件です。社員との関係が見えてこないようなところは、やはり隠ぺい体質がありますし、法令遵守もできていないことが多いでしょう。PGSホームでは、社員との関係もコンプライアンスのガイドラインの中にはっきりと打ち出しています。姿勢として打ち出すということもPGSホームのもつ理念といっていいでしょう。企業として持つ社会的な責任の一部でもあるからです。健全な環境となっていないのであれば、リフォームを依頼するとしても安心することはできないでしょう。

PGSホームは、人権を尊重しています。お客様との信頼関係を築くのは社員であり、その仕事は内容や業績を正しく公正に評価するということが必要です。基本的人権も尊重しているため、人権を損なうようなことはしていません。思想信条や国籍といったことで判断していない企業です。話題に上がりやすい性別的なマイノリティの問題に関しても差別的なことは行いません。社会的身分や地位といったことも同様であり、いかなる場合でも排除するとしています。社会で生きていく企業として、PGSホームも明確にしているというのは、好感を得られる部分といってもいいでしょう。

社会的な問題になることもありますが、心身の健康管理に関して十分に配慮しているのがPGSホームです。仕事をするうえで安全が最優先であり、常に安全衛生確保をおこなっている事業者になっています。仕事を依頼する企業としても、安全でないところには依頼するのは難しくなってしまうのですから、大事な社員との関係といえます。

問題の隠ぺいを禁止しているというのもPGSホームの注目部分です。巨大企業が様々なことを隠ぺいしていたことが、社会的な問題となりニュースとして世間をにぎわすことが増えました。PGSホームでは、情報は良い悪いといった区別をするわけではなく、隠ぺいしたりしないようにしています。社会的に問題になるということもありますが、業務の効率も上がりません。そして、なによりもお客様との信頼関係を築くことができないからです。

自己研さんを奨励しているのがPGSホームであり、職務の精度向上にもつながっていくでしょう。知識や技術が向上することによって、お客様に優れたサービスを提供することができるため、自己研さんを強く奨励しています。多くの角度から顧客の信頼を得られるようにも考えているからこそ、PGSホームも成長できたといえるでしょう。