RSS Feed

銀行キャッシングは低金利が魅力

キャッシングを主婦が利用するには

2014年10月29日

2010年の貸金業法が改正されるまでは消費者金融の利用者は主婦が一番多いと言われていましたが、総量規制で制限を受けるようになったため、専業主婦は消費者金融を利用したキャッシングができなくなりました。
貸金業法の総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになったため、消費者金融でキャッシングをするためには年収が必要になり、兼業主婦のようにパート代やアルバイト代で収入を得ている人は一定した収入があると認められ、年収の3分の1以内であれば審査に通れば融資を受けることができますが、年収が少なければ融資限は思い通りの金額を希望するのはむつかしいといえます。
子育てに追われ、パートやアルバイトができない専業主婦でも近所づきあいやご主人の給料日前にお金が必用になるときがあるとおもいますが、そんなときキャッシングをしたくても消費者金融でお金を借りることができませんが、銀行のカードローンを利用するのもひとつの方法です。
銀行は銀行法で営業を営んでいるため貸金業法の影響を受けず、銀行は銀行独自の審査基準を設けており、おまとめローン審査通らない無収入の専業主婦でもお金の融資を受けることができます。
銀行カードローンの中には専業主婦専用の商品を揃えているところもあり、たとえば三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は最大30万円までイオン銀行の「イオン銀行カードローンビBIG」は融資限度額50万円までの融資を受けることができるので、専業主婦であっても安心してキャッシングができます。

キャッシングランキング

2014年6月26日

最後になりますが、人気のある消費者金融会社をランキング形式で紹介していきます。
どこも大手ばかりで、安定感・利用しやすさともにトップのおまとめローン 審査で通りやすい金融会社ばかりです。

1.アコム
やはり知名度の高さもあるため、アコムを利用する方は非常に多いです。
現在2014年3月10日から2014年6月30日までの期間限定で最大30日間の金利ゼロキャンペーンをおこなっているので、アコムの利用を考えている方はぜひこの機会に申し込みください。

2.レイク
レイクもアコムに次ぐ知名度となっておりますが、その人気の秘密はふたつの無利息サービスです。以下の内、どちらかを選んで利用することができます。
(1)契約額が1万円から200万円までの方に限り、借入額の内5万円分は180日間無利息
(2)契約額がいくらであっても、借入額の内全額を30日間無利息

3.アイフル
アイフルは最低1,000円からの利用が可能であることや、提供するプランも8種あり、その中から一番お得に利用できるプランを選べることなど、手軽に利用したい方に重宝されています。

4.プロミス
プロミスで特徴的なのが、ポイントサービスの導入です。ポイントを貯めることが好きという方に好評を得ています。
プロミスのサービスを利用することで加算されるポイントは、一定数まで貯めることで無利息サービスやATM手数料を無料にするサービスなどを受けるために使うことができます。

5.モビット
審査などの対応の早さが高評価のモビットです。
今なら、三井住友銀行提携のATMであれば、利用時の手数料が借入も返済も共に0円で利用することができます。2014年2月1日から2014年9月30日までの期間限定ではありますが、ぜひこの機会にご利用ください。

銀行キャッシングは低金利が魅力

2014年5月30日

銀行でのキャッシングといえば低金利が一番に思いつく言葉かと思います。
どのくらい低金利になるのか、知っておくと安心です。
銀行金利が低金利とはいっても、例えばジャパンネット銀行は上限金利は18.0%となっており消費者金融とは変わりがありません。
またスルガ銀行カードローンのダイレクトワンは金利が20.0%となっており驚かれるかもしれません。
実はスルガ銀行とはなっているもののダイレクトワンは消費者金融になっています。
消費者金融だったレイクが新生銀行になったことによって銀行カードローンとなりましたがその金利は消費者金融時代と変わってはいません。

このように金利の形は銀行によってさまざまとなっています。
低金利を考えて利用するのが銀行であればこれらの消費者金融と変わらない金利が用意されている銀行を利用することにどんなメリットがあるというのでしょうか。
銀行の金利を比較するときには上限が最大でも15.0%になっていることを確認しましょう。
これは銀行金利の中では平均的な水準よりも若干高いとされている金利です。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは14.5%が上限金利となっていますが、平均的な金利となっています。

融資限度額によって金利が決まりますので借入時の利息計算がしやすいでしょう。
計画が立てやすいことは銀行で借り入れをするときの大きなメリットになります。
低金利がどのようなときに役立ってくるのかをしっかりと考えてみましょう。